グランツーリスモsport(GTsport)

toyota supre RZ ’19 A90 VR ハンコン ドライブ!

PSVRを使った グランツーリスモsport drift 動画になります
筑波サーキット VR タイムトライアル GTsport VR TC20001LAP
楽しいVR 運転している気分になれるよ
ハンコン t500rs プラス th8a
いつまで できるか出来る限り 朝起きグランツーリスモdrift
いまだに 分からんことだらけ 謎な仕様に隠れた機能や仕様 楽しいね~

今回の 走行動画!

toyota supre RZ ’19 A90

今回の 車の話

スープラ(SUPRA)は、トヨタ自動車のスポーツカーである。
もともと「スープラ」は北米専用の車名であり、日本国内向けは2代目までセリカXXという名前でトヨタカローラ店から販売されていた。1986年から2002年までの累計生産台数は28万5,280台。
初代から通して直列6気筒エンジンが搭載されているが、2019年に復活した5代目ではそれに加えて直列4気筒エンジンも搭載されるようになった。
2002年に生産を終了してから17年後に復活した5代目は、トヨタが2011年から技術提携を結ぶBMWとの共同開発車となる。開発責任者は“弟分”となるトヨタ・86(SUBARUとの共同開発)においても手腕を発揮した多田哲哉が担当した。
開発コストの低減を考慮し、車両構成の基礎となるエンジンやシャシーなどのプラットフォームをBMW・Z4の第3世代モデル(G29型)と共有し、車両の製造に関してもZ4と同じくオーストリアの自動車製造会社であるマグナ・シュタイアが担当する。
5代目ではトヨタのスポーツモデル専用ブランド「GR」初の専売車種となり、車名にも「GR」が冠された。したがって、5代目スープラの正式名称は「TOYOTA GR SUPRA」と前述のとおりプラットフォームはトヨタとBMWの共同開発になるが、その目的は歴代モデルからの伝統となる「直列6気筒エンジン+後輪駆動(FR方式)」というパッケージングを実現するためであった。5代目の開発プロジェクトが開始された2012年当時に直列6気筒エンジンを世界で唯一製造していた自動車メーカーがBMWであった。 シャシーは、ホイールベースとトレッドの比率(走りの“黄金比”とも呼ばれる)を1.6以下にすることを目標に開発が行われた結果、目標値の1.6を大きく下回る1.55を実現した。そして4代目よりも旋回性能を向上させるべく、歴代モデルとしては初となる純2シーター化に踏み切った。これによってホイールベースが弟分となるトヨタ・86(2+2シーター)より100㎜も短い2,470㎜となり、車両の前後重量配分比率が50:50となった。さらに水平対向エンジンを搭載して460㎜の低重心化を実現したトヨタ・86よりも一層の低重心化が図られている。これらに加え86と比較して約2.5倍に向上させた車体剛性は、高価なCFRP(カーボンファイバー)素材を用いたレクサス・LFAをも凌駕する。また、車両の乾燥重量は1,410Kgから1,520kgと先代(A80型)とほぼ同数値となっている。
エンジン本体はBMW製だが、ヘッド周辺はトヨタで独自に設計されている。歴代モデルからの伝統となる直列6気筒エンジンに加え、初の直列4気筒エンジンが用意される。6気筒は排気量2,998ccのDOHC直噴ターボエンジン「B58B30-M1」型で、最高出力は250kW(340PS)、最大トルクは500N·m(51Kgf·m)である。そして4気筒は排気量1,998ccのDOHC直噴ターボエンジン「B48B20」型で、標準型145kW(190PS)・320N·mと高出力型190kW(258PS)・400N·mの異なる2種類のチューニングが施されたものが用意されている。なお4気筒エンジン搭載車に関しては、日本のように排気量で自動車税の税額を決定する地域に仕向けたものであり、そのような制度が存在しない北米においては展開されない。トランスミッションは6気筒、4気筒エンジン搭載車ともにZF製の8段変速ATである「8HP」型が組み合わされ、MTは用意されない。
正式に開発が始まってから最初の2年間は、車体の構成に不可欠な主要部品をBMWと共同開発したのちにトヨタ側は5代目スープラ、BMW側では第3世代型のZ4を開発するチームが別個に立ち上げられ、互いの車両の構想を練った後に共有できるものは両車種で共有するという、通常の自動車開発における手順とは異なる手法が執られた。そのため、バンパー等の外装デザインとサスペンション等のセットアップが僅かに違うだけの“双子車”であったトヨタ・86とスバル・BRZに比べ、各々で開発目標が異なる5代目スープラとBMW・Z4(G29型)では車体形状(スープラはクーペ、Z4はオープンカー)から大きく異なっている。
初代(A40/50型)より続く「ロングノーズ・ショートデッキ」と呼ばれるパッケージングを5代目でも踏襲した。これは車体前方部を長く車室内部分を短く構成するというFRの2ドアクーペ特有のもので、トヨタブランド車では1967年に発表・発売されたトヨタ・2000GTから伝統的にFRの2ドアクーペ車で採用されてきたものである。全長は2シーター化によって先代(A80型)から140mm短縮され、それに伴いホイールベースも80㎜短縮された。しかし全幅は55㎜広くなり、全高は15 – 20㎜高くなっている。なる。

クルマのセッティングシート

今回の車 セットアップ こんな感じ 

グランツーリスモ®SPORT_20190311

 違いの分かるドライバーになれるかな? でも今回は こんな感じ仕様 楽しいですね  前回との比較 難しいな 勉強しないと 設定で走れないのか 腕が足りまいのか?

silviesti チャンネル
視聴していただき ありがとうございます

設定も かなり重要ですが 個人のスキルにより 別物になるGTsport これが正解なんてもの 無いんです

この低レベルのプレイヤーの設定ですから 間違いなく 走りません!

比較すると違いが 見えてくるかな 走行回数が増えれば 比較ができる

VRで ドリフト PS4グランツーリスモsportちょっとした設定の変更で 走れなくなる & VR酔い(笑) 楽しいVRドライブに なります様に

PS4快適化の話

これまでの動画 メーカー別 再生リスト

メーカー別 動画リスト 比較

Shelby   シェルビー

SUBARU スバル


TOYOTA トヨタ

honda  ホンダ

MAZDA  マツダ


NISSAN  日産

Alpine  アルピーヌ


BMW

Citroen  シトロエン

De Tomaso Pantera デ・トマソ


Chevrolet シボレー

Dodge   ダッジ

Ferrari  フェラーリ


Lamborghiniランボルギーニ

PORSCHE  ポルシェ

ありがとうございました。
今日も一日 がんばっていきましょう!
今日も一日 皆様 良き一日でありますよう

YouTube silviestiチャンネル登録