グランツーリスモsport(GTsport)

toyota AE86 トレノ VR ハンコン ドライブ!

PSVRを使った グランツーリスモsport drift 動画になります
筑波サーキット VR タイムトライアル GTsport VR TC20001LAP
楽しいVR 運転している気分になれるよ
ハンコン t500rs プラス th8a
いつまで できるか出来る限り 朝起きグランツーリスモdrift
いまだに 分からんことだらけ 謎な仕様に隠れた機能や仕様 楽しいね~

今回の 走行動画!

トヨタ スプリンタートレノ 3door 1600GT APEX (AE86) ’83

今回の 車の話

AE86(エーイーハチロク)とは、1983年(昭和58年)にトヨタ自動車が発売したカローラとスプリンターのスポーツモデル(スポーツクーペ)である4代目カローラレビン/スプリンタートレノの共通車両型式番号。

この型式番号のカローラレビンとスプリンタートレノに対し、俗に“ハチロク”という呼称が付けられている。

なお、当項目では同系列の1.5 LのSOHC・シングルキャブレター仕様のエンジン(3A-U型エンジン)を搭載した車種(型式名AE85:通称“ハチゴー”)についても便宜上記述する。

当時トヨタと提携関係のあった英国ロータス社の「エスプリ」に、AE86前期型レビンのリアコンビネーションランプが使用されていた。

2009年(平成21年)の第41回東京モーターショーに先立って、AE86を最後にトヨタのラインナップから途絶えていたライトウェイトFRスポーツクーペとして、トヨタ・FT-86というコンセプトカーが発表され、2012年(平成24年)2月にトヨタ・86の名前で市販化された。

 

1985年から始まった、グループA規定の全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦。2L以上の排気量を持つライバルの三菱・スタリオンや日産・スカイラインらを相手に善戦し、1985年と1986年にスポーツランドSUGOで総合優勝を飾っている。

1986年と1987年のBTCC(イギリスツーリングカー選手権)では、フォード・シエラやBMW・635CSiらを破り、クリス・ホジェッツがドライバーズチャンピオンを獲得している。またETC(ヨーロッパツーリングカー選手権)でもほぼ唯一の日本車勢として複数のエントラントの人気を集め、1983年スパ・フランコルシャン24時間レースのグループA・Div.1でクラス優勝を果たすなど、海外では特に大きな戦果を挙げた。

サーキットばかりではなくラリーやジムカーナでも人気を集め、現在でもさまざまな競技で活躍が見られる。国内ラリーについては、扱いやすく丈夫で安価な車体やバリエーションに富んだ安価なパーツが大量に供給されていた等の理由から、全日本選手権からローカルイベントまでプライベーターを中心に大量のAE86がエントリーしていた。そのためシェアは圧倒的であったが、トップカテゴリーである全日本ラリー選手権においては、一部の有力チームが使用していた1.8Lターボ車のランサーターボ(タスカ・エンジニアリング=ADVANラリーチーム)や3.0LターボのフェアレディZ(NISMO)の後塵を拝すことも多く、また圧倒的なシェアに起因するウイナーの分散もあり、タイトル獲得はならなかった。

また1984年と1985年に、市販車無改造の2輪駆動車でパリ・ダカール・ラリーへの挑戦を続けていた横田紀一郎が3代目カリーナの後継車としてレビン(2ドア)を選択。しかし結果はリタイアに終わっている。

全日本GT選手権(JGTC)のGT300クラスにもKRAFTが改造したAE86が参戦。エンジンは3S-GTEで、GT500クラス用をディチューンしたものである。足回りは規定上ノーマルのサスペンションを型式名の上では踏襲していたが、原形を留めないほどの改造が施されていた。最高5位で表彰台には手が届かなかったが、折からの頭文字D人気もあって大きな注目を集めた。2001年にスポーツランドSUGOで行われた引退レースは炎上、リタイアという形で終わった。

ホモロゲーションが切れた現在においてもJAF公式戦として岡山国際サーキットで行われているチャレンジカップレース等、AE86を使用したレースが行われている。生産終了から25年以上経過した車両が公式レースでのベース車として使用されることはまれなケースである。

D1グランプリでは車両重量の軽さを活かした走りを見せている。多くのD1選手が使用するシルビア、180SXとの大きな馬力差を埋める為にエンジンのターボ化やNOS搭載、AE101型やAE111型のエンジン換装、シルビア、180SXのSRエンジンに換装等さまざまなAE86が参戦している。2002年には植尾勝浩のAE86がシリーズチャンピオンを獲得。2004年には日比野哲也が2位入賞を果たし、2005年には吉岡稔記が優勝を果たす。D1グランプリ2009シリーズでは日比野哲也が、5バルブエンジンには珍しい排気量アップ版5A-GにNOSを搭載したMAX370馬力のスプリンタートレノ2ドアクーペを駆り参戦。軽量で機敏な動き、ウェットコンディションでもアグレッシブな攻めの走りで、ライバルとの圧倒的なパワー差を翻し、シリーズ5位に入賞した。だが最近では馬力差が大きくなってきている為、ハチロクで参戦する選手は少なくなっている。

しかしAE86の功績はレースの結果以上に、土屋圭市、谷口信輝、織戸学、勝田範彦、飯田章、ヤリ=マティ・ラトバラといった名ドライバーのモータースポーツキャリア初期を支えたり、四輪レースを始めるきっかけを作ったところが大きい。特に1984年の富士フレッシュマンレースで土屋はトレノに乗って6連勝(全勝)を果たしてシリーズチャンピオンを獲得し、翌年のグループAへのステップアップに繋がっている。またこの時、AE86でスカイラインを追い回すドリフト走法を見せたことで、土屋は「ドリフトキング」の称号を得た。

クルマのセッティングシート

今回の車 セットアップ こんな感じ 

動画14秒辺り

 違いの分かるドライバーになれるかな? でも今回は こんな感じ仕様 楽しいですね  前回との比較 難しいな 勉強しないと 設定で走れないのか 腕が足りまいのか?

silviesti チャンネル
視聴していただき ありがとうございます

設定も かなり重要ですが 個人のスキルにより 別物になるGTsport これが正解なんてもの 無いんです

この低レベルのプレイヤーの設定ですから 間違いなく 走りません!

比較すると違いが 見えてくるかな 走行回数が増えれば 比較ができる

VRで ドリフト PS4グランツーリスモsportちょっとした設定の変更で 走れなくなる & VR酔い(笑) 楽しいVRドライブに なります様に

PS4快適化の話

これまでの動画 メーカー別 再生リスト

メーカー別 動画リスト 比較

Shelby   シェルビー

SUBARU スバル


TOYOTA トヨタ

honda  ホンダ

MAZDA  マツダ


NISSAN  日産

Alpine  アルピーヌ


BMW

Citroen  シトロエン

De Tomaso Pantera デ・トマソ


Chevrolet シボレー

Dodge   ダッジ

Ferrari  フェラーリ


Lamborghiniランボルギーニ

PORSCHE  ポルシェ

ありがとうございました。
今日も一日 がんばっていきましょう!
今日も一日 皆様 良き一日でありますよう

YouTube silviestiチャンネル登録