グランツーリスモsport(GTsport)

shelby GT 350 VR ハンコン ドライブ!

PSVRを使った グランツーリスモsport drift 動画になります
筑波サーキット VR タイムトライアル GTsport VR TC20001LAP
楽しいVR 運転している気分になれるよ
ハンコン t500rs プラス th8a
いつまで できるか出来る限り 朝起きグランツーリスモdrift
いまだに 分からんことだらけ 謎な仕様に隠れた機能や仕様 楽しいね~

今回の 走行動画!

今回の 車の話

マスタングをベースにキャロル・シェルビー(の会社)が手がけた、いわゆるレース向けのチューニングカーで、マスタングの上位モデル/フラッグシップモデルとしてフォード・モーターから販売されている。1965年から1969年まで製造され、一部のエンスージアストから人気があり、フォードの懐古路線戦略により2006年復活した。マスタング・コブラ等、「コブラ」の名前とバッジを与えられることが多い(混同しやすいがシェルビー・コブラは別の車種)。またエンジンユニットにはバルブカバー、もしくはエアクリーナヘッドにコブラのマークもしくはロゴが与えられているのも特徴。ただしキャロル・シェルビーが手がけたものではないマスタングの上位モデルとして「コブラ」の名前を受け継いだモデル(マスタング・コブラ、マスタング・キングコブラ等)もあるが、それらはシェルビー・マスタングとは呼ばない。あくまでもキャロル・シェルビーが手がけたマスタングのことを指す。

フォード・モーターはマスタングの製造、販売を開始。それに伴いフォード・モーターはマスタングの販売促進のため、SCCAのロードレース参戦を決意。マスタング・ファストバックをベースにしたロードレース用のハイパフォーマンスモデルの開発をシェルビーに委託し、GT350の開発に至った。当時のSCCS Bプロダクション・ホモロゲーション取得には、100台以上の製造販売などが条件であったが、レース出場の約款には市販車から軽量化などのライトチューニングのみ(エンジン、サスペンション、ブレーキ変更不可)で行なうというものであった。そのため、市販車がそのままレースに適応できる状態にする必要があった。GT350はこうした当時のレースシーン、アメリカのナショナリズム、オイルショック前の時代背景といった複合的背景をもって生まれた。

 

クルマのセッティングシート

今回の車

グランツーリスモ®SPORT

 セットアップ こんな感じ 

 違いの分かるドライバーになれるかな? でも今回は こんな感じ仕様 楽しいですね  前回との比較 難しいな 勉強しないと 設定で走れないのか 腕が足りまいのか?

silviesti チャンネル
視聴していただき ありがとうございます
チャンネル登録 していただけると嬉しいです

設定も かなり重要ですが 個人のスキルにより 別物になるGTsport これが正解なんてもの 無いんです

この低レベルのプレイヤーの設定ですから 間違いなく 走りません!

比較すると違いが 見えてくるかな 走行回数が増えれば 比較ができる

VRで ドリフト PS4グランツーリスモsportちょっとした設定の変更で 走れなくなる & VR酔い(笑) 楽しいVRドライブに なります様に

PS4快適化の話

これまでの動画 メーカー別 再生リスト

メーカー別 動画リスト 比較

Shelby   シェルビー

SUBARU スバル


TOYOTA トヨタ

honda  ホンダ

MAZDA  マツダ


NISSAN  日産

Alpine  アルピーヌ


BMW

Citroen  シトロエン

De Tomaso Pantera デ・トマソ


Chevrolet シボレー

Dodge   ダッジ

Ferrari  フェラーリ


Lamborghiniランボルギーニ

PORSCHE  ポルシェ

ありがとうございました。
今日も一日 がんばっていきましょう!
今日も一日 皆様 良き一日でありますよう

 

チャンネル登録していてだけると がんばれそうな気がします
YouTube silviestiチャンネル登録