VR 360°動画

insta360 ONE X VR撮影 小型高性能バッテリー交換式 360動画

insta360 ONE X って何者?

insta360 ONE VR撮影を変えた? 360動画

VR撮影機材(家庭用機材)で 360°の 360 度全天球カメラ 撮影カメラですね

そして 画質が5.7Kで撮影できる

insta360 EVO VR 360動画&180動画(3D)も 凄いですが

insta360 oneXこれ とても 素晴らしいと思った

insta360 oneX スペック

製品仕様

レンズ口径: F2.0
写真解像度: 18mp (6080*3040)
動画解像度:5760*2880@30fps, 3840*1920@50fps, 3840*1920@30fps, 3008*1504@100fps
写真フォーマット:insp、jpeg(アプリ経由で変換)、dng(RAW)(PC/Mac端末のみ対応する

動画フォーマット:insv、mp4(アプリ経由で変換)、LOG(PC/Mac端末のみ対応する

動画コーディング:H264
映像ビットレート:最大120Mbps
ジャイロスコープ:6軸ジャイロスコープ

写真、動画仕様

写真モード:標準360度写真、タイマー360度写真、HDR 360度写真、インターバル360度写真、RAW 360度写真
動画モード:標準360度動画、タイムラプスモード、バレットタイム、HDR動画、Log 360度動画
ライブ配信モード:360度ライブ配信、FreeCast (配信側から見せたい視点を選んで配信するモード)
EV値:-3EV~+3EV
露出モード:自動、手動(シャッター速度1/8000s-55s、ISO感度100-3200)、シャッター速度優先 (1/8000s-2s)、ISO感度優先 (100-3200)
ホワイトバランス:自動、曇り、太陽光、蛍光灯、白熱電球

 

デザイン

色:ブラック
重量:90.9g (バッテリー抜き);115g (バッテリーあり)
サイズ:115mm x 48mm x 28mm(D x W x H)

ストレージ&接続

Bluetooth:BLE4.0
Wi-Fi:5G (最大20メートル範囲)
USB:Micro-USB
Microカード:UHS-I V30またはそれ以上の転送速度、exFAT(FAT64) フォーマットが必要; 最大128GBまで対応する

 

バッテリー

バッテリー容量:1200 mAh(5V2A)
充電方法:Micro-USB
持続時間:5.7K@30FPSまたは4K@50FPS動画撮影の場合、60分持続可能
充電時間:5V2Aの電源で充電する場合、100分で満タンになる;9V2Aの電源(公式充電器)で充電する場合、60分で満タンになる
動作温度範囲:通常バッテリー(0℃~40℃);低温用バッテリー(-20°C~30℃)

INSTA360 oneX 公式動画

凄いカメラだと思いました 使い方が楽しそう

INSTA360 oneX 撮影してきました

RC サーキットVEGAさん 撮影させていただき ありがとうございました。

走行を撮影させていただき ありがとうございます

映像は純正insta360 oneX箱出し状態 の360° 5.7K撮影です

被写体(ラジコン)が動く状態で 固定した撮影

最低限編集です 編集アプリにより どの位変わるのか試したいですね

メリット デメリット (個人的な感想です)

メリット

高画質映像:5.7K・30fps撮影・LOG撮影
静止画画質:1800万画素・RAW撮影
VRヘッドセット対応:オキュラスGoに専用アプリ
リトルプラネット撮影可能
TimeShift:手振れ補正がヤバい!
HDR:ハイダミックレンジ撮影可能

二つしかないボタンによる 簡単な撮影方法

編集のしやすさ アプリで簡単編集・SNSシェアなど簡単!

モニターに残量 や 撮影表示軽い設定変更もできる

バッテリー&マイクロSD交換式で かなり 長時間も撮影できるのかな

防水ケースにより 水中撮影などもできる

オキュラスGoの専用アプリが楽しそうですよね撮影したその場で こんな感じとみてもらえたりできるかな

デメリット

残念ながら いい面だけでなく 話さないと・・・

私が思ったデメリット 当たり前ですが そのままだと 防水では無いので汚れや水没に注意が必要です(ケースに入れれば良いのですがね)

剥き出しのレンズ!!固定撮影中に限らず様々な事故やトラブルで落としたりブツけたり擦ったりで レンズが傷つき映像がボヤケマス

バッテリー交換式は良いのですが 寒いと極端に録画時間が減ります(純正で低温用バッテリー(-20°C~30℃)がありますのでそちらを使いましょう)低温バッテリは夏場は 使用しない方が良さそうです

動作温度範囲:通常バッテリー(0℃~40℃);低温用バッテリー(-20°C~30℃)

ですから

マイクロSDについて 相性や気分?などがありそう 4K録画対応マイクロSDでも静止画なら問題ないが 動画5.7K撮影や4K50FPSですと 撮影中止まったりするSDカードが ありましたPCなどで そのSDカードが どのくらいの書き込み速度出てるか確認が 必要そうです(高速なSDと思ったら高速読み込みなマイクロSDだったなんて話も)高速書き込みでも 5.7K撮影キツイのかな?と思ったりもしています

まだまだVR動画の解像度が足りていない? (再生するのにはもう少し高画質が欲しい)

レンズの保護 レンズ傷つきにくいのかもしれませんが 360度カメラ特有のレンズが突出しているので 注意が必要と 思います

何故だか わかりませんが IPADPRO10.5でアプリ編集 5.7K撮影でなく4K録画以下でないと 編集できないみたい?思い込みなのかもしれませんが設定などでできるのかな?

5.7K編集に まだスマホやタブレットは対応していないみたいですね

まだまだ認知度が低いので 撮影しているとかなり 変人扱いされます

まとめ

今後に期待する分野に なってほしい

このカメラ受け入れられるかと 考えると世の中に受け入れられるには 時間が掛かるかもしれない だか 気が付いた人はのどから手が出るほど 待ち望んでいた 撮影機材だと思いました

360度のカメラも 様々な使い方を イロイロな人々が考えて使っていると思います 未来には撮影カメラといえば 2レンズ以上が 当たり前になるのかと期待してしまいます

回線速度の高速化や処理速度の大幅な向上 超高画質による美しさ

リアルと VRが遜色なくなる日くるのかな~と

おもってしまいましたとさ