グランツーリスモsport(GTsport)

Chevrolet corvette C3 VRドライブ

PSVRを使った グランツーリスモsport drift 動画になります
筑波サーキット VR タイムトライアル GTsport VR TC20001LAP
楽しいVR 運転している気分になれるよ
ハンコン t500rs プラス th8a
いつまで できるか出来る限り 朝起きグランツーリスモdrift
いまだに 分からんことだらけ 謎な仕様に隠れた機能や仕様 楽しいね~

今回の 走行動画!

今回の 車の話

3代目 C3型(1968年-1982年)

1968年登場。大胆に膨らんだ前後フェンダーとくびれたように見えるボディ中央部がコーラのビンを連想させたことから、“コークボトル”の愛称がある。このデザインは、このモデルを最後にデザイナーを引退したビル・ミッチェルと日系人ラリー・シノダがデザイン・スタディとして生み出したマコシャーク(Mako Shark)が原型で、そのデザインをほぼ踏襲している。ネーミングにも変化が生じ、1969年から“スティングレイ”の呼称が復活(ただし綴りはStingray)した。その後1978年のマイナーチェンジにて、再び“コルベット”名義に戻されている。その独特なスタイルと、バリエーションにコンバーチブルと量産車初のTバールーフのタルガトップを採用しながらも、シャシーやサスペンションは基本的に先代・C2型のものを引き継いでいる。リトラクタブルヘッドライトの機構は先代から変更され、回転式でなくカバーを上へ持ち上げるオーソドックスなメカを採用している。これは歴代コルベットの中では唯一である。エンジンラインナップは先代から変更はないが、1969年にはビッグブロックユニットが7,440ccに排気量を拡大。標準エンジンであるスモールブロックユニットも同年に排気量を5,358ccから5,738ccに拡大しているが、出力は300馬力で変更はない。また同エンジンを基本にチューニングを施したLT1ユニットは350馬力仕様に加え、1971年までは高圧縮化で370馬力にまでチューニングされたものが設定されていた。

1969年、総生産数3台(市販車両に搭載されたものはわずか2台)という幻のパワーユニット、ZL1ユニットが追加される。これはC2型コルベットに搭載されていたL88ユニットの発展型で、エンジンヘッドのみならずエンジンブロックまでもアルミ化されたスペシャルエンジンである。このエンジンはオプション設定という形でカタログに記載されたが、価格が非常に高額だったため、ごく少数の生産に留まることとなった。1971年にはマスキー法が全面施行され、プレミアからレギュラーガソリンに対応、三元触媒の取り付けなど排ガス対策に追われたため、全てのパワーユニットが軒並み20~30馬力ほどダウンすることとなる。その対策として、ビッグブロックユニットを425馬力にまでチューンしたエンジンが追加されるが、環境問題が叫ばれる逆境などを理由に1972年に廃止された。1973年にはクロームメッキバンパーを廃止、ウレタン製のものが装備されるようになる。他エンジンラインナップが大幅に整理され、ボアφ101.6×ストローク88.4mmで5,733ccのV8 OHVエンジン一本となり、標準仕様は190馬力、オプションで210馬力、更に排ガス規制の厳しいカリフォルニア州向けに、コンピュータ制御の排ガスコントロール装置を取り付けた仕様も登場した(180馬力)。1972年にエンジン性能の表示がグロス値からネット値に移行したため、従来よりも低い馬力換算がなされていたものの、このエンジンは従来のものより確実にパワーダウンを強いられていた。

C3型の最も大きなマイナーチェンジは1978年のことである。大きな変更点として、それまで垂直に降り立つリアウインドウが、ルーフからボディ後端までを繋ぐ湾曲した一枚ガラスに変化し、規制によって5マイルバンパーが装着された。オプション設定にはグラストップが追加されるが、これはコルベットがスポーツカーというより、長距離を高速で移動することに主眼を置いたGTカー的な方向に寄ったものであることを示していた。1981年にはオプション設定されていたエンジンが姿を消したが、C3型最後の年1982年には、キャブレターからインジェクションとなり、10馬力上乗せの200馬力を計上した。

トランスミッションは4速MTと3速ATが用意され、1982年には4速ATが設定されたが、この年にはマニュアルトランスミッションの設定がなく、このことからも後期のC3型はGTカーとしての位置づけを与えられていたことを裏付けている。

C3型コルベットは1982年型がラストイヤーだったが、同年に予定されていた新型コルベットへの移行が翌年にずれたため、一時は「コルベットはC3が最期」と騒がれてしまった。

クルマのセッティングシート

今回の車 Chevrolet corvette c3

グランツーリスモ®SPORT

 セットアップ こんな感じ Chevrolet corvette 

 違いの分かるドライバーになれるかな? でも今回は こんな感じ仕様 楽しいですね  前回との比較 難しいな 勉強しないと 設定で走れないのか 腕が足りまいのか?

silviesti チャンネル
視聴していただき ありがとうございます
チャンネル登録 していただけると嬉しいです

設定も かなり重要ですが 個人のスキルにより 別物になるGTsport これが正解なんてもの 無いんです

この低レベルのプレイヤーの設定ですから 間違いなく 走りません!

比較すると違いが 見えてくるかな 走行回数が増えれば 比較ができる

VRで ドリフト PS4グランツーリスモsportちょっとした設定の変更で 走れなくなる & VR酔い(笑) 楽しいVRドライブに なります様に

PS4快適化の話

これまでの動画 メーカー別 再生リスト

メーカー別 動画リスト 比較

Shelby   シェルビー

SUBARU スバル


TOYOTA トヨタ

honda  ホンダ

MAZDA  マツダ


NISSAN  日産

Alpine  アルピーヌ


BMW

Citroen  シトロエン

De Tomaso Pantera デ・トマソ


Chevrolet シボレー

Dodge   ダッジ

Ferrari  フェラーリ


Lamborghiniランボルギーニ

PORSCHE  ポルシェ

ありがとうございました。
今日も一日 がんばっていきましょう!
今日も一日 皆様 良き一日でありますよう

 

チャンネル登録していてだけると がんばれそうな気がします
YouTube silviestiチャンネル登録