未分類

新元号 令和 慣れるまでには しばらくかかる

お知らせ 平成から 令和に

平成が 終わりました イロイロなことのあった 平成

暫く 続いて行くと思っていた 平成

免許証の期限が 平成3●年の 人も結構いますよね 他にもイロイロなものが平成3●年まで有効とかに なってるかも知れませんね

平成31年4月末で 平成が 終わりを告げる

たかが30年 ではなく イロイロな出来事のあった 30年ですね

平成(へいせい) という漢字

意味

①たいら。ひらたい。「平地」「水平」 ②かたよらない。ひとしい。「平等」「平均」 ③おだやか。やすらか。「平和」「太平」 ④たいらげる。しずめる。「平定」 ⑤つね。なみ。ふつう。「平常」「平素」 ⑥やさしい。簡単。「平易」「平明」 ⑦漢字音の四声の一つ。「平声」 ⑧四姓(源・平・藤(トウ)・橘(キツ))の一つ。「平氏」の略。「平家」 ⑨「平方」のこと。「平米(ヘイベイ)」

下つき

公平(コウヘイ)・水平(スイヘイ)・太平(タイヘイ)・泰平(タイヘイ)・地平(チヘイ)・不平(フヘイ)・偏平(ヘンペイ)・和平(ワヘイ)

 

意味

①なる。できあがる。「成立」「完成」「落成」 ②なす。なしとげる。「成就(ジョウジュ)」「成功」「達成」 ③そだつ。そだてあげる。「成長」「育成」「養成」

下つき

育成(イクセイ)・完成(カンセイ)・既成(キセイ)・形成(ケイセイ)・結成(ケッセイ)・構成(コウセイ)・合成(ゴウセイ)・混成(コンセイ)・作成(サクセイ)・賛成(サンセイ)・熟成(ジュクセイ)・助成(ジョセイ)・早成(ソウセイ)・促成(ソクセイ)・大成(タイセイ)・達成(タッセイ)・晩成(バンセイ)・編成(ヘンセイ)・養成(ヨウセイ)・落成(ラクセイ)・錬成(レンセイ)・老成(ロウセイ)

令和(れいわ) という漢字

音レイ 外リョウ
訓外いいつけ・おさ・よい
画数:(5)

意味

①いいつける。命じる。いいつけ。「令状」「命令」 ②のり。きまり。おきて。「訓令」「法令」 ③おさ。長官。「県令」 ④よい。りっぱな。「令色」「令名」 ⑤他人の親族に対する敬称。「令室」「令嬢」

下つき

禁令(キンレイ)・訓令(クンレイ)・号令(ゴウレイ)・司令(シレイ)・指令(シレイ)・辞令(ジレイ)・政令(セイレイ)・勅令(チョクレイ)・伝令(デンレイ)・法令(ホウレイ)・命令(メイレイ)・律令(リツリョウ)

「令」から始まる言葉
令外官(リョウゲのカン) 令旨(リョウジ) 令法(リョウブ) 令尹(レイイン) 令兄(レイケイ) 令閨(レイケイ) 令室(レイシツ) 令書(レイショ) 令状(レイジョウ) 令嬢(レイジョウ) 令色(レイショク) 令婿(レイセイ) 令息(レイソク) 令達(レイタツ) 令夫人(レイフジン) 令妹(レイマイ) 令名(レイメイ)

 

音ワ・オ高 外カ
訓やわらぐ中・やわらげる中・なごむ中
・なごやか中 外なぐ・あえる

画数:(8)

意味

①やわらぐ。おだやか。のどか。「和気」「温和」「柔和」 ②なかよくする。争いをおさめる。「和解」「和議」「平和」 ③合わせる。合う。ととのう。「和音」「唱和」「調和」 ④あえる。まぜる。「混和」「中和」 ⑤二つ以上の数を加えたもの。「総和」 ⑥日本。日本語。「和服」「和文」「和洋」類倭(ワ) ⑦「大和(やまと)の国」の略。「和州」

下つき

温和(オンワ)・穏和(オンワ)・漢和(カンワ)・協和(キョウワ)・講和(コウワ)・唱和(ショウワ)・中和(チュウワ)・調和(チョウワ)・柔和(ニュウワ)・日和(ひより)・不和(フワ)・平和(ヘイワ)・飽和(ホウワ)・融和(ユウワ)

 

令和

 

令和とは、日本の元号の一つで、平成の次。西暦2019年5月1日から使われる。

新元号 令和

 

令和

令和とは、日本の元号の一つで、平成の次。西暦2019年5月1日から使われる。

令和の出典は、出典は万葉集巻五の「梅花の歌三十二首、并せて序」にある以下の文章である。
于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
(書き下し)時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

経緯

平成28年7月13日に、平成時代の今上天皇が、生前退位(譲位)の意向を皇太子に示されたことが、宮内庁関係者の話から、明らかになったと、NHKが報じた 。8月8日、「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」がNHK・民放各局で放送され、自身の口からも直接国民へお気持ちが伝えられた 。
平成29年4月7日、政府が複数の学者に選考を依頼し、それぞれから複数の元号案を既に受けとっていることが分かったと、報道された 。
12月8日、天皇陛下の退位日を、2019年4月30日と定める政令を、政府が閣議で決定した 。
平成31年3月14日、政府は元号の考案を複数の有識者に正式に委嘱した 。
4月1日当日の、元号決定までの流れは、有識者による「元号に関する懇談会」、衆院議長公邸で衆参正副議長から意見を聴取、全閣僚会議、新元号を記した政令を閣議で決定、官房長官記者会見、首相談話で発表となっている 。
懇談会メンバーは、上田良一(NHK会長)、大久保好男(民放連会長)、鎌田薫(日本私立大学団体連合会会長)、榊原定征(経団連名誉会長)、白石興二郎(日本新聞協会会長)、寺田逸郎(前最高裁判所長官)、林真理子(作家)、宮崎緑(千葉商科大学国際教養学部部長)、山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長)の9名 。
11時42分過ぎ、官房長官記者会見で令和と発表された。

これから 何があるのだろう

元号の改正に伴い いろいろ問題やトラブル もあるのかもしれない

だが

新しい 時代のスタートだと思うと 少しは 明るいのかもしれない

楽しい 素晴らしい 時代の幕開けに なりますよう

令和 元年

エイプリルフールの なんてことでは 無いので 明るい時代になりますようね